トップページ働くフィールド

働くフィールド働くフィールド

各事業部門の紹介

総合医療商社の「レオクラン」は、
企画から運営までをトータル・サポートするスペシャリスト集団です。

施設の開設・運営にあたっては、さまざまな局面で選択や決定などの対応に迫られます。
それらをトータルにサポートするため、「レオクラン」では4つの機能を柱として、活動を展開。
各部門のスタッフと社内外の多くのブレーンにより、お客さまのニーズにフレキシブルにお応えする体制を整えています。

新しい病院を総合的にプロデュース

レオクランは、病院づくりのプロデューサー。
今必要とされている施設を総合的にご提案することで、病院のご関係者はもちろん、地域住民の方々の生活も支えています。
プロジェクトに一から携わって開院をなしとげたときの達成感は、ほかでは味わえません。

パートナー

新規開設から運営までを総合的に支援
クリニック・福祉施設の新設に際して、医療機器の導入をお手伝いします。開業後には、機器・設備のメンテナンスや消耗品の供給をフォロー。ビジネスパートナーとして、将来の事業展開についてもご相談をお受けします。

コーディネーター

施設に適した医療情報システムを提案
電子カルテシステムや医療機器のデジタル化など、業務を効率化し情報を蓄積するITネットワーク技術の導入をサポート。現状の機能と将来の目標をふまえ、ひとつひとつの施設にフィットしたシステム構築を提案する部門です。

コンサルタント

医療施設の健全経営をサポート
時代や社会の変化に対応する病院の基本構想を練る段階から、経営・運営計画の策定、開業後の経営診断や改善提案といったアフターフォローまで。施設の経営状況が健全に保たれるよう、コンサルティングを通して支援します。

1日のスケジュール

8:50 出社 メールをチェックし、アポイントなどを部署のメンバーと共有します。
10:00 ミーティング 進行中のプロジェクトで使う提案書を作成するため、コンサルティング部・技術部のスタッフと打ち合わせを行います。
11:00 資料準備 ドクターとの打ち合わせに備えて、資料をまとめます。
13:00 某病院訪問 新築移転プロジェクトが進行中の病院で打ち合わせ。議題は、医療機器の購入とレイアウトについてです。
15:00 現場事務所訪問 新しい病院を建設中の現場事務所へ。定例会議に出席し、病院でヒアリングした内容を報告します。
17:00 ドクターとの打ち合わせ これから開業する予定のドクターと、資金面や購入する医療機器、必要な設備などについて話し合います。
18:30 帰社 会社に戻ってメールチェック。打ち合わせの内容をまとめ、その場では分からなかった事柄について調べます。明日の訪問先に持っていくための資料も準備。
20:40 退社 帰宅後は、明日に備えてゆっくり休息。先輩や上司と飲みにいくこともあります。

入社後の社員教育

ゼロから育てる営業のプロフェッショナル

レオクランが毎年迎えている新入社員は、専門知識をもっていない人ばかり。
ゼロの状態から、時間をかけてプロフェッショナルに育てていきます。

入社〜1週間
社内
各部門のオリエンテーションで、社内ルールや各部の役割について概要を理解します。
社外
社外での新入社員研修にて社会人としての一般常識やマナーを学びます。
2週目〜約6ヶ月間
社内
いくつかの部署を巡りながら実際に業務を体験し、その内容を理解します。
この頃は、社内外での振る舞いや報告・連絡の仕方といった基本的なスキルを身につける大切な時期。目の前の疑問はすぐに解消する癖をつけましょう。 また、業界や病院などに関する基礎知識講座が社内で開かれるので、どんどん参加して吸収してください。
配属後
社内
いよいよ、本格的な業務を開始。先輩社員について一緒に仕事をしながら、一人でできることを少しずつ増やしていきます。

これらのプログラムと並行して、社内外での勉強会やセミナーを実施します。
希望者に向けた勉強会もあるため、積極的に参加してください。

エントリー

ページトップへ